ヒゲの脱毛にはレーザー脱毛、光脱毛、針脱毛など、細かく分ければ様々な種類の脱毛方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。しかし、手段がどうであれ、どのような脱毛においても毛穴の奥にある毛母細胞を壊して毛が生えない状態にするという目的は共通するところでもあります。

細胞を破壊するということはすなわち、痛みが生じるということです。近年では、ヒゲの脱毛は痛みを我慢しなければならないということも一般的に知られるようになってきています。しかし、脱毛クリニックや脱毛サロンのコースに申し込んだものの、脱毛の際の痛みがストレスになってしまい、コースの設定期間内に予定通り利用することができなかったということも実際に起きています。ヒゲは他の部位と比べると毛が硬くて太いので、その分だけ施術における痛みは強くなります。

思っていたほど痛くなかったという方もいますが、痛みに敏感という方は事前に脱毛における痛みについては十分に確認した方がいいでしょう。痛みが強いので返金してくれと申し出たところで、ほとんどの脱毛クリニックや脱毛エステは返金に応じてくれないはずです。

脱毛サロンの光脱毛と比べると、脱毛クリニックのレーザー脱毛は照射する光の直進性が強いので、痛みが大きくなるとされています。しかし、最新のレーザー脱毛器具には皮膚を冷やしながらレーザーを照射したり、皮膚を吸引しながらレーザーを照射したりすることで痛みを感じにくくする機能が搭載されているものもあります。脱毛の痛みが気になる方はこうしたレーザー脱毛器具を導入している脱毛クリニックを探してみるといいでしょう。

また、なぜ冷やしながらレーザーを当てると痛みが和らぐのかと言えば、レーザーの照射は熱により毛根組織を焼き切ることで毛を生えなくしています。高温の熱(レーザー)を照射し、冷やすことで痛みを和らげているわけです。

また、医療機関である脱毛クリニックではヒゲの脱毛の痛みを軽減させるため、麻酔を行っているところもあります。脱毛において使用される麻酔は麻酔クリーム、麻酔テープ、静脈麻酔、笑気ガスなどです。

その他、ヒゲ脱毛施術に関するトラブルとしてはコースの終了後にヒゲがまた生えてきたというものがあります。レーザー脱毛は5回から6回程度、光脱毛は10回から18回程度で永久脱毛に近い効果が得られるとされていますが、毛の量や生え方が違うように、脱毛効果にも個人差があります。特にヒゲは脱毛が難しい部位であり、コースを終了しても普通に毛が生えてくるということもあるので、それに対する保証制度を設けているところを利用した方がいいでしょう。脱毛クリニックや脱毛サロンの中には、コースの料金を一度払えばヒゲの脱毛を永年受けることができるところもあります。

こうした「痛み」に関するトラブルは最も多く、それ以外にもヒゲ脱毛によるある種の副作用的な脱毛後の肌の赤み症状や一部の人にはニキビなどの毛嚢炎が一時的に(一週間程度)できるという報告もあります。ヒゲ脱毛は毛根組織を破壊する、つまりは細胞を破壊するという施術であるため、多少のリスクはつきものだということです。ただし、リスクを恐れていてはヒゲはなくなりませんし、それほど気にするほどのリスクもない、比較的安全な施術なのであまり構える必要がないのが本当のところです。

そういう意味では一番のトラブルのもととなるのは誰もが感じやすいヒゲ脱毛による痛みと言えるでしょう。