髭の伸び方には個人差があり、髭が伸びるのが早い人もいれば、髭が伸びるのが遅い人もいます。髭の伸び方は全て体質によって決まっているものと思われがちですが、それだけではありません。

こちらでは髭の伸びるスピードに影響するものを紹介します。

食生活が髭の伸びに影響を与える

髭の伸び方は生活習慣による影響も大きいとされています。具体的には、肉中心の食生活を送っていると髭が伸びるのが早くなるとされています。

肉に含まれるタンパク質は筋肉、骨、毛などの材料となる栄養素です。

しかし、タンパク質を大量に摂取したことによって髭が伸びるのが早くなるというわけではありません。肉を食べ過ぎると体内に過酸化脂質が発生してしまい、処理することができなかった毒素が急激に増加します。髭をはじめとする、体毛には体の毒素を排出する自浄作用があります。体内の毒素が増加するとそれを排出するために大量の体毛が生えるようになり、それにともなって髭が伸びるのも早くなるというメカニズムです。

髭の伸びるのが早く、短時間・短期間の間に何度も繰り返し剃らなければならないという方はひょっとしたら体質ではなく、知らず知らずの内に続けてきた食生活が原因になっているかもしれません。

食生活を改善して髭の伸びを抑える

食品の中には髭が伸びるのを抑える効果を持つものもあります。

代表的なものが大豆です。大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンによく似た成分を持っており、髪や肌を綺麗にし、女性らしい肉体を作るのに役立ちます。

発毛には男性ホルモンであるテストステロンが大きく関わっています。テストステロンの分泌量が多いと髭が濃くなり、テストステロンの分泌量が少ないと髭が薄くなるとされています。そして、エストロゲンにはテストステロンの分泌を抑える働きがあり、イソフラボンも同様の効果を持っています。

豆腐、豆乳、納豆などの大豆食品は値段も手ごろであり、スーパーマーケットに行けば季節を問わず手に入れることができます。毎日の献立に取り入れるのも比較的容易です。髭の濃さが気になる方はイソフラボンを含む大豆食品を積極的に摂るようにするといいでしょう。

ただし、大豆食品を過剰摂取するとテストステロンが減り過ぎてしまい、高血圧、高血糖、内臓脂肪、更年期障害などを引き起こすこともあります。健康法も度が過ぎると体調を崩す原因になるので、食事は何よりもまずバランスを第一に考えることが大切だと言うことは忘れないようにしてください。