女性からすれば、髭が濃い男性はなんとなく男らしいなど男性的なイメージを持っている方も多いと思います。これはあながち間違いではなく、男性ホルモンと髭には密接な関係があり、男性ホルモンの分泌量が多いほど髭も濃くなるとされています。

男性ホルモンにはいくつかの種類があります。

テストステロン、ジヒドロテストステロン、デヒドロエピアンドロステロン、アンドロステロン、アンドロステンジオンなどが代表的な男性ホルモンです。これらの男性ホルモンには髭との関わりが深いものもあれば、髭との関わりが薄いものもあります。

男性ホルモンの種類と髭と関係の深い男性ホルモン

テストステロン

男性ホルモンの9割はテストステロンによって構成されており、男性ホルモンと言えば一般的にはテストステロンのことを指します。テストステロンには筋肉を増やしたり、骨格を良くしたり、性欲を強くしたりする働きがあります。また、体毛を濃くするのもテストステロンの働きの一つです。

ジヒドロテストステロン

ジヒドロテストステロンは自然と生成されるものではなく、テストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつくことによって変化するものです。ジヒドロテストステロンは胎児の性器を形成するなどの働きを持っていますが、成人するとハゲ(薄毛)、ニキビ、また、濃い髭の原因となるため、悪玉男性ホルモンと呼ばれることもあります。

デヒドロエピアンドロステロン

デヒドロエピアンドロステロンの働きはまだよく分かっていませんが、テストステロンと同じく一定の生理作用を持っており、若返りのサプリメントなどに利用されています。国立健康・栄養研究所では、デヒドロエピアンドロステロンは弱い男性ホルモンと定義されています。

アンドロステロン

アンドロステロンは男性には覚醒作用として働き、女性には鎮静作用として働きます。髭の生成とはあまり関係ありません。

アンドロステンジオン

アンドロステンジオンはテストステロンの材料です。アンドロステンジオンは睾丸ではテストステロンに変化し、卵巣ではエストロゲンに変化します。アンドロステンジオンの段階では、髭の生成に作用することはありません。

まとめ

髭との関わりが深い男性ホルモンはテストステロンとジヒドロテストステロンです。

テストステロンは毛乳頭や皮脂腺付近の5αリダクターゼと結びつくとジヒドロテストステロンに変化し、ジヒドロテストステロンがホルモンの受け手であるレセプターに引きつけられるとIGF-1と呼ばれる成長因子、またはTGF-βと呼ばれる脱毛因子のどちらかが発現します。IGF-1の発現によって毛母細胞の細胞分裂が活発になり、発毛が引き起こされるというのが髭が生えるメカニズムです。